Erkunde Tee-zeremonie, Japanische Kunst und noch mehr!

sen no rikyuu 千利休 1591 Tea scoop : Known as "Namida (Tears)" 竹茶杓 銘 泪

sen no rikyuu 千利休 1591 Tea scoop : Known as "Namida (Tears)" 竹茶杓 銘 泪

Petit coffret en laque d'or - Cérémonie du thé - Collection Kenzo Takada - Japon, XIXe siècle -

Petit coffret en laque d'or - Cérémonie du thé - Collection Kenzo Takada - Japon, XIXe siècle -

-裏千家ホームページ 茶道資料館 春季特別展 「光悦・等伯ゆかりの寺 本法寺名宝 」

-裏千家ホームページ 茶道資料館 春季特別展 「光悦・等伯ゆかりの寺 本法寺名宝 」

-裏千家ホームページ 茶道資料館 春季特別展 「光悦・等伯ゆかりの寺 本法寺名宝 」

-裏千家ホームページ 茶道資料館 春季特別展 「光悦・等伯ゆかりの寺 本法寺名宝 」

曜変天目 (中国南宋時代13世紀、建窯、高6.7㎝/口径11.8㎝/底径3.9㎝、根津美術館、重要美術品)。口縁下でわずかに締まり、口縁を端折りにした典型的な天目形の碗である。内箱の蓋表に「曜変」と小堀遠州の筆になる金粉字形の書付があるが、むしろ油滴と分類されるべきとの見方もある。黒いきめの細かい土で丁寧に成形され、漆黒釉が厚く掛けられている。釉は流れれて下方に溜まり、内外ともに片身には斑文が大きく出て、青貝のような輝きと光彩を見せるが、他面には油滴のような斑が細かく一面にあらわれている。この窯中の焼成の変わりめの部分は、青みのある銀色に輝くような釉調を見せ、見込みの茶溜りの部分にも青白みのある斑があらわれている。覆輪はない。天目台は、尼崎台として知られるもので、薄く成形され、黒漆を薄く塗るが、光沢がしっとり美しい。口縁など縁には金属の覆輪を掛け、内側には朱塗で百足のような印が記されている。

曜変天目 (中国南宋時代13世紀、建窯、高6.7㎝/口径11.8㎝/底径3.9㎝、根津美術館、重要美術品)。口縁下でわずかに締まり、口縁を端折りにした典型的な天目形の碗である。内箱の蓋表に「曜変」と小堀遠州の筆になる金粉字形の書付があるが、むしろ油滴と分類されるべきとの見方もある。黒いきめの細かい土で丁寧に成形され、漆黒釉が厚く掛けられている。釉は流れれて下方に溜まり、内外ともに片身には斑文が大きく出て、青貝のような輝きと光彩を見せるが、他面には油滴のような斑が細かく一面にあらわれている。この窯中の焼成の変わりめの部分は、青みのある銀色に輝くような釉調を見せ、見込みの茶溜りの部分にも青白みのある斑があらわれている。覆輪はない。天目台は、尼崎台として知られるもので、薄く成形され、黒漆を薄く塗るが、光沢がしっとり美しい。口縁など縁には金属の覆輪を掛け、内側には朱塗で百足のような印が記されている。

Pinterest
Suchen