Explore Jazz Musicians, The Villages, and more!

Live at the Village Vanguard   Live at the Village Vanguard This stupendous seven-CD collection from the all-world trumpeter, composer, and bandleader Wynton Marsalis chronicles the amazing evolution of his underrated live septets at the legendary Village Vanguard from 1990 to 1994. Sequenced to simulate a week-long gig, the set melds together three different incarnations of Marsalis's ensemble: the gifted New Orleans-born drummer Herlin Riley, the ebullient Wessel Anderson on sopran..

Wynton Marsalis Septet - Live at the Village Vanguard

1) DIZZY GILLESPIE "The Complete RCA-Victor Recordings" (Bluebird, 1937-1949)

Dizzy Gillespie: 'The Complete RCA Victor Recordings'

直立猿人(Pithecanthropus Erectus)とは、ジャズ・ベーシストのチャールズ・ミンガス(当時はCharlie Mingus名義)が、1956年にアトランティック・レコードから発表したアルバム、およびその冒頭に収録されている楽曲。ミンガスは自主レーベル『デビュー・レコード』を主宰していたが、経営が困難となり、バンド・リーダーとしてアトランティック・レコードと契約。そして、同社での第一弾となる本作をレコーディング。マイルス・デイヴィスから紹介されたアルト・サックス奏者ジャッキー・マクリーン等、強力なメンバーを集めたクインテットで制作した。ベーシストとしては既に名の通っていたミンガスだが、本作の発表により、作曲家/バンド・リーダーとしての才能も広く知れ渡った。

直立猿人(Pithecanthropus Erectus)とは、ジャズ・ベーシストのチャールズ・ミンガス(当時はCharlie Mingus名義)が、1956年にアトランティック・レコードから発表したアルバム、およびその冒頭に収録されている楽曲。ミンガスは自主レーベル『デビュー・レコード』を主宰していたが、経営が困難となり、バンド・リーダーとしてアトランティック・レコードと契約。そして、同社での第一弾となる本作をレコーディング。マイルス・デイヴィスから紹介されたアルト・サックス奏者ジャッキー・マクリーン等、強力なメンバーを集めたクインテットで制作した。ベーシストとしては既に名の通っていたミンガスだが、本作の発表により、作曲家/バンド・リーダーとしての才能も広く知れ渡った。

Jazz Samba by Stan Getz and Charlie Byrd ○ "The Duet Masterpiece That Made Music History!" ○ "relaxing, rhythmically pleasing"

Pandora One - Listen to Pandora with No Ads, Higher Quality Audio, and

サキソフォン・コロッサス(Saxophone Colossus)は、ジャズ・サックス奏者ソニー・ロリンズが、1956年にプレスティッジ・レコードから発表したアルバム。発売直後から英米のメディアで絶賛され、ロリンズの名を一躍広めた。現在もロリンズの代表作に挙げられる。 ロリンズの個性である、温かみのある演奏が存分に発揮された内容で、ジャズ初心者に薦められることの多いアルバム。 自作曲「セント・トーマス」は、カリプソに影響を受けた明るい曲で、タイトルの由来はセント・トーマス島。ロリンズの母方がヴァージン諸島出身ということもあって、ロリンズも幼い頃からカリプソに親しんできたという。その後長きに渡って、コンサートの重要なレパートリーとなり、2005年に行われた最後の日本公演でも演奏された。また、ケニー・ドリュー、ジム・ホール、寺井尚子等、多くのアーティストにカバーされている。ロリンズ自身も、1964年のスタジオ録音アルバム『ナウズ・ザ・タイム』でセルフカバーした。

Sonny Rollins - Blue 7 ~ So, so good. Bass player rocks this number also.

"Gloomy Sunday" by Branford Marsalis was added to my MOOD PLAYLIST // Night Mode // Chill // Electro playlist on Spotify

"Gloomy Sunday" by Branford Marsalis was added to my MOOD PLAYLIST // Night Mode // chill // electro // rnb // future soul - rnb // techno playlist on Spotify

Dizzy Gillespie • Stan Getz • Sonny Stitt -- Dark Eyes

mademoiselle-kristeva: The history of sound, part 3 From the left: Stan Getz, Dizzie Gillespie, and Sonny Stitt.

Blue Mitchell: Blue Soul Label: Riverside 12-309 12" LP 1959 Design: Paul Bacon Photo: Lawrence Shustak

Riverside Records - jazz album cover designed by Paul Bacon

Willie Bobo: Juicy

Juicy: Master percussionist and Latin lounge king Willie Bobo squeezes out a dozen juicy salsa-jazz jams on this 1967 recording. Includes Knock on Wood; Ain't Too Proud to Beg , and more.

[260-365] The RH Factor - Distractions (2006)

Ricard Vilanova on

Roy Hargrove & The RH Factor Distractions 01 Distractions Intro

[109-365] Publio Delgado Jazz Ensemble - Lord Jim Suite (2010)

Ricard Vilanova on

Il jazz che non mi aspettavo.

Harry Connick Jr

It's all duo music between Harry Connick (piano only) & Branford Marsalis. It includes some of my favorite tracks from Connick's piano (not vocal) work.

Pinterest
Search